松島町は、宮城県の海岸部中央にあり、仙台市の北東約20キロメートルに位置しており、町域面積53.56平方キロメートルの50%は松島丘陵を中心とする森林です。
北部には丘陵が起伏し、南部の低地には住宅地が広がり、北端に鳴瀬川、吉田川が西から東へ流れ、町内では高城川が南北に流れ松島湾に注いでいます。
 気候は、太平洋側気候に属し、年間平均気温が11℃から12℃で比較的温暖な気候で、東北地方でも降雪量は少ないまちです。
 日本三景に数えられ、全国有数の観光地で、特別名勝、県立自然公園に指定されています。
また、国宝瑞巌寺などの文化遺産が町内各地に残されている歴史の町でもあります。
観光地以外にも、海や川、里山など自然あふれる憩いの空間に恵まれている松島町は、住民の心を癒す空間があふれ、うるおいのあるくらしが実現できます。
産業では、観光業をはじめ、農林業、漁業、商工業など、様々な産業がバランスよく発達し、町の活力を支えています。
交通では、町内にJR仙石線・東北本線の合計7つの駅があり、県内各地へのアクセスが便利なことから、通勤・通学に利用されています。
さらに、町営バスが町内全域を周り住民の足として町内を結んでいます。三陸縦貫自動車道や主要な国道・県道も通っており、流通・情報・生活において重要な役割を担っています。

位置

  北緯38度22分 東経141度4分

 

人口

  15,085人(H22国勢調査)

 

世帯

  5,126世帯(H22国勢調査)