制度概要

 金融機関から事業の再建や経営の安定に必要な資金の借入を行う場合に、保証協会が保証する制度で、東日本大震災により、直接・間接的に著しい被害を受けた中小企業者が利用できます。

制度内容
保証限度額

 無担保:8千万円

 最大:2億8千万円(全額保証)

 ※一般保証、セーフティネット保証・災害関係保証とは別枠

保証料率

 0.8%以下(宮城県信用保証協会へお問合せください)

保障期間

 10年以内(据置期間2年以内)

保証人

 原則不要(代表者保証は必要)

要件

 震災後3カ月の売上等が前年同期比で10%以上減少している、若しくは減少することが見込まれること

問合先

 宮城県信用保証協会 経営支援部 Tel.225-5230

 中小企業庁 Tel.03-3501-1511